屋外ライブの季節!

屋外ライブの季節!

櫻井ゆか初ワンマンライブ【音楽展覧会】ライブレポート

櫻井ゆかさんの初ワンマンライブのライブ風景をお届けします。

ニーハオ!HITOARIKIの台湾人スタッフのファンです。

MUSIC BUSKER IN UMEKITAなどで、精力的に活動している櫻井ゆかさんの初ワンマンライブが2018年6月16日に心斎橋JANUSで開催されました。すごく感動したので、皆さんにライブの様子を伝えたいと思います。


櫻井ゆか初ワンマンライブ【音楽展覧会】

2018年6月16日(土)開場18:00 / 開演19:00@心斎橋JANUS


客電が落ち、光量控えめのステージに赤いワンピースを着たゆかさんが満員のオーディエンスの前に登場。ハンドマイクを握って、サポートバンドをバックに、代表曲「狼女」で「音楽展覧会」が始まりました。

 バンド編成第一部

バンド編成第一部

艶やかでドラマティックな表現、最新シングル「マンジュシャゲ(彼岸花)」を含め、ノンストップで三曲を演奏。赤いライトを浴びて、見事に“憑依”されたゆかさんはとてもセクシーでかっこよかったです。

MCを挟んで、雰囲気が一転し、「サマーバケーション」ではゆかさんが体を揺らし、観客もそれにつられるようにリズムに身を任せていました。撮影OKの曲だったので、彼女はみんなのカメラに向けてファンサービス。

「夢を追いかけて上京する友達にプレゼントした曲です。私にもいつか皆さんの光みたいな存在になりたい、私の音楽でそんな存在になりたいという夢があります。皆さんにも夢や目標を考えながら日々過ごしていると思います。私と皆さんとこれから一緒に頑張っていこうという気持ちを込めて歌わせていただきます。」と丁寧に語ってくれました。彼女は「頑張れ」を披露。想いが伝わる暖かい曲でした。

アコースティック編成

椅子に腰をかけた櫻井ゆかさんは「ネックレスがほしい」を色気のある声で歌ったあと、次に歌う曲について「音楽をやっていて、楽しいことがたくさんあったけど、壁にぶち当たる瞬間もたくさんありました。最近一番音楽の壁にぶち当たった時に作った曲です。」と語り、力強い歌声と豊かな表現力で「SHOUT!」を披露。

柔らかな歌声で乙女の恋心を表現し、しっとりと歌った「まぼろしの世界」で、彼女の違う一面を見せてくれました。

MCでゆかさんは今回のライブタイトルについて「作品の展覧会みたいに1曲1曲を大事に歌って、1曲1曲の良さと音楽を楽しんでいただけたらいいなと思って付けました。」と自分の音楽への想いを語っていました。続けて、観客の手拍子と共に高校卒業の時、友達への気持ちを表現した「永遠にここにいる」を披露。

ソロ弾き語りステージ

白い衣装にチェンジしてステージに再登場、穏やかな声でメッセージ性の強い「人-human-」から始まります。

そして、ライブ前日「言いたいことを言うだけ」で作った新曲「なんかわからんけど」を披露。「なんかわからんけど、テンション上がる」「なんかわからんけど、出会えてよかった」のコール&レスポンスで会場に一体感を生み出すと、幸せそうな表情を見せてくれました。

バンド編成第二部

「勝つのは私だ」と「コンビニエントガール」2曲続いて演奏し、パワフルなバンドサウンドと音に負けない凛とした力強い声が会場を満たすと、大きな拍手が起きました。

そして最高潮の盛り上がり、「きっと大丈夫」、観客は手を掲げ、彼女の音楽を全身で楽しんでいました。

「私は音楽を始めたのは、高校の時に病気で中退し、体を治すために家族と考えて出した答えが音楽でした。ずっとやりたかった好きなことをやりながら体を直していこうねって」と櫻井ゆかの始まりを話していました。「私の一番しんどかった時に、音楽に宿っている力に救われたから、私も同じように人を幸せにする、人を助けられるようになりたいと思って、三年間ずっとその力を信じながら活動してきました。自分の未熟さで伝わらなかったことに悔しかった時もありますが、応援してくださるみんなに支えられました。これからも人を幸せにするという目標を諦めずに、死ぬまで歌っていこうと思っています。皆さんも大変なことがあるかもしれないが、私と一緒に頑張って前に進みましょう!」と涙声でそう語り、「キミのうた」で締めくくりました。最初は涙混じりの声だった彼女でしたが、後半では圧巻のボーカリゼーションを展開していました。

新しいスタート

アンコールの手拍子に導かれ再びステージに現れたゆかさんは、観客に感謝の気持ちを伝え、「今日もしも僕が死んでしまったら」を最後に今までの全てを込めて熱唱。会場全体が感動の涙に包まれていました。

3年間の音楽活動の一区切りを迎える今回のワンマンライブは、天才的な才能を持つシンガーとしてではなく、多くの人々と一緒に頑張ってきた、一生懸命に自分の歌を伝えるシンガーソングライター櫻井ゆかの最高の展覧会でした。

 <SETLIST>

<SETLIST>

-バンド編成-

M1.狼女

M2.スコレー

M3.マンジュシャゲ

M4.サマーバケーション

M5.頑張れ

-アコースティック編成-

M6.ネックレスがほしい

M7.SHOUT!

M8.まぼろしの世界

M9.永遠にここにいる

-ソロステージ-

M10.人-human-

M11.なんかわからんけど

-バンド編成-

M12.勝つのは私だ

M13.コンビニエントガール

M14.コイハナビ

M15.きっと大丈夫

M16.キミのうた 

En.今日もしも僕が死んでしまったら

櫻井ゆかさんをもっと知りたい!